脇座敷のある暮らし

畳の魅力

畳は、日本人に心やすらぐ和のぬくもりを与えてくれます。畳のある伝統的な和室の空間は、心地良さや安心感を感じ、ほっとする場所。ライフスタイルが洋風化した現代でも、自然と気持ちが落ち着き、居心地の良さを感じることができます。また、畳は

  • 夏は涼しく冬は暖かい
  • 吸音性・遮音性に優れている
  • 鎮静効果がある

など、高温多湿の日本の気候に最適で、住まう人にやさしい素材です。

 

和のぬくもりと安らぎと感じる脇座敷のある暮らし

和モダンの家は、玄関から入ってすぐに脇座敷を配置。風情を楽しみ、ゆったりとした時間の流れる特別な場所になります。玄関からすぐ脇にあるので、縁側のように、靴を脱がずにに気軽に腰掛けて話ができたり、お客様をお茶でもてなす場に最適。家族だけでなく、人とのコミュニケーションの場所としての役割も果たします。
リビングダイニングとも行き来ができ、その段差を利用した床下収納引き出しがあり、和の雰囲気を引き立てるだけでなく、機能性にも優れている空間に仕上がりました。

 

(画像はイメージです)