あずま障子のある暮らし

障子の魅力

障子は日本家屋に設けられた和室の表情を決める重要な構成要素です。
日本の伝統美を感じられる障子は、現代のモダンなスタイルの中にあってもしっくりとなじむシンプルなデザイン。
障子の木枠は自然のもつあたたかみを持ち、障子から差し込む光は室内を心地良い和らぎ感を与え、安らぎとほんのりとした暖かさを感じさせてくれます。光を取り入れつつ、外からの視線も遮る障子は機能性にも優れています。

 

やわらかな光をとりこむあずま障子のある暮らし

和モダンの家では、障子紙の部分に半透明のガラスをはめこんだあずま障子を使用。普通の障子とは違った和の落ち着きにモダンな印象をプラスしました。
土間を通して入る自然の光は、その透過光は均一した明るさで、やわらかく空間を包みこみます。光りを取り入れる役割だけでなく、断熱効果も高いので、室内の寒暖の差も軽減。また、玄関・土間から室内の気になる視線も遮ることができ、半透明であることで、閉めていても閉鎖的な印象はなく、空間を広く見せる効果があります。

 

(画像、CGはイメージです)